読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D14 受精確認(KLC 2周期目)

14時指定でした。
いろんな方のブログで、確認の電話が全然つながらないと見ていたので、気楽にかけてたら3回目でつながりました!

一気に高まる緊張感。

「受精確認でお電話しました。」
「患者番号お願いします。」
「xxxxxxの○○です。」
「○○さんですね。少々お待ちください。」
〜保留〜

保留にされたらダメなことが多いっていうジンクスを思い出す…

「お待たせしました。昨日2つ採卵して、1つは未熟なものだったかと思います。」
「はい。」
「どちらもふりかけで受精を行いました。未熟なものの方はですね、培養を行いましたが成長が止まってしまいましたので培養中止となっています。」
「はい。」
「で、もう1つなんですが、こちらは受精させたところ、受精が確認できませんでしたので、培養中止となっております。」

 
【ふりだしに戻る】

どこかでうまくいくと思ってました。
未熟卵が培養中止になるのは当たり前としても、成熟卵の方は見た目問題ないって言われたし、精子も問題なかったはず。(だからふりかけだったんですもんね。)

でも、うまくいかなかった。

成熟卵の受精確率は70%って言われてました。
おかしいなぁ、運はいいはずなのにな。

でも、しょうがないですね。
旦那サマにもすぐに、ダメだったーと連絡。
また次だね!って言われました。
お互い、ポジティブなのが長所です!

次はD3の受診です。
薬飲むのかなぁ…
あんまり飲みたくないけど、卵が育ってるかどうかの心配するのって精神的に辛いんですよね。
とりあえず、しばらくは先生の指示に従ってみようと思ってます。

お酒飲むぞー\(^o^)/笑