読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D18/ET0 初移植(KLC 3周期目)

9:40頃電話がつながり、2つとも分割が確認できたとのこと。
やった\(^o^)/
旦那さまにも移植になったことを伝えたら、着床しますようにー!って言ってくれました。
まさかの妊娠ワードでてきた!!
つい1ヶ月前まで、採卵と排卵の違いも分かってなかったのに(笑)

というわけで12:30来院指示のため、出かける準備。

12:25 KLC到着
4階ではなく、9階の受付へ。
600番近い番号でした。
やっぱり午後がやってないからか、混んでますね。
リストバンドを巻いて、9階で待機。
採血じゃないんだ??

13:20 培養士からの説明
2つの卵、朝の時点でどちらとも綺麗な4分割でした。
プクプクしてて可愛い!!
グレードは移植直前の卵の状態で決まるみたいですが、4になることはないでしょう、とのこと。

1つはふりかけ、1つは顕微での受精だったため、どちらを戻したいか希望はありますか?と聞かれました。
なんとなくふりかけの方がいいのかなぁ?と思ったけど、そこはお任せしました。
少しでも良い状態の卵をお願いします!!

その後、初移植になるので簡単な流れを説明してもらい、お話終了。
またしばらく9階で待機。

14:50 8階への表示
採卵と同じく受付。
あ、血圧は測ってないですね。
ここで次回の判定日の予定を確認。
1/10と言われたけど、ちょうど来れないので前日にしてもらいました。
そして、デュファストンを12日分もらいました。
毎食後2錠ずつだそうです。

この辺りのこと、てっきり移植後の診察で言われるかと思ったんですが、移植の日は診察ないんですね!
その後、ベッドで待機です。

15:20 新鮮胚移植
流れは採卵とほぼ一緒。
初めましての男性医師だったけど、ちょっと痛いときの内診、ぐらいの痛みでした。

にしても、内膜に卵が置かれる瞬間って神秘的ですね!!
これは男性はもちろん、不妊治療やってないと見られない光景だと思うと、なんだか貴重な体験をしました!!
でも、一回で十分だけど(笑)

肝心の卵は6分割、グレード1でした\(^o^)/
でも、内膜7mm…うすっ!!

16:00 お会計
¥132,768

本当は移植の日に鍼灸行きたかったんですが、年末でお休みでした(泣)

できるだけゆったり過ごそうと思います。
と言いながら普通に家事をしていたら、若干の腹痛が(>_<)