読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D20/BT0 初胚盤胞移植(KLC4周期目)

初の胚盤胞移植です!
都内、雪の予報でしたが、なんとか降らずにいてくれてよかったー(>_<)
8:30来院指定でした。

8:18 受付
4階ではなく、9階の移植受付へ。
さすが土曜日、220番台でした。
リストバンドをしてもらい、10階へ。

8:28 採血

9階で待機の指示でしたが、どうせ1時間は結果出ないよなーということで、ドトールへ。

9:50 診察
机の上に『移植が決まった患者さまへ』という札が。
案の定、ホルモン値も問題なく、移植決定になりました!
あんなストレスかかってたのに、身体ってすごいなぁ(笑)

6日目胚盤胞だったので、案の定AHありとのことでした。
0.1%ぐらいの確率で卵がダメになってしまう可能性があるけど、それよりもメリットの方が大きいそうです。
ちゃんと説明してくれて嬉しかった。(当たり前なんだけど。笑)

12:30まで外出可能とのことだったので、ダメ元で鍼灸院に電話。
11時から急遽やってもらえることになりました!
ありがたい\(^o^)/

12:20 9F再受付

12:40 培養士さんからの説明
グレードはBとのことでした。
5日目に胚盤胞になったけど、小さかったので培養を続けて6日目に凍結したそうです。
その場合も6日目胚盤胞って言うのね?

13:10 8Fへの表示
デュファストンを7日分もらい、ベッド待機。
あーまた便秘になるのか(>_<)

13:50 移植
2回目ともなると、慣れたもんです。
何事もなく移植終了。

14:05 安静解除

14:35 お会計

思ったより早く終わった\(^o^)/
判定日は1週間後です。
新鮮胚移植よりも、ドキドキ期間が短くて、精神的に楽だな(笑)